覚えてて下さい!乳酸菌サプリの種類や配合量を知り効率よく乳酸菌を摂りましょう

乳酸菌サプリの種類や配合量を知り効率よく乳酸菌を摂りましょう

乳酸菌サプリはいろいろなメーカーから発売されていますが、それぞれに特色や配合に違いがあり、それを理解して乳酸菌サプリを選ぶことが大切です。気を付けて選んで下さい!持続して摂取しやすいかココ大事です!
乳酸菌5

1.乳酸菌の種類や効果を知りましょう

 

乳酸菌といってもビフィズス菌やラクトフェリン、ケフィアなどいろいろな種類があります。
これらの乳酸菌をサプリで摂ることができます。
例えばビフィズス菌サプリは人間の中にあるビフィズス菌と同じものを数種類配合して、本来人間が持っているビフィズス菌の働きを強化してくれます。
またケフィアのサプリでは、乳酸菌ケフィアを酵母と発酵させると乳酸菌の量が増える特性を利用して、配合量が多い乳酸菌を摂取でき、体内の乳酸菌を強化する効果があります。
このように摂取する乳酸菌の種類や効果を知り、サプリを選ぶことが大切です。

 

2.配合量の高いサプリを選びましょう

 

乳酸菌サプリでは1粒あたりの乳酸菌の数のことを配合量と呼んでいます。
サプリに入っているいろいろな乳酸菌が、1粒にいくつ入っているかは製品のページで調べることが出来ます。
目安ですが、ビフィズス菌サプリでは1粒に30億個から50億個以上のビフィズス菌が入っておるサプリが高配合といえます。
また乳酸菌サプリでは50億個から100億個以上の乳酸菌が入っているサプリが高配合といえます。
このようにサプリに書いてある1粒あたりの配合量を調べて購入することが大切です。

 

このようなポイントを理解して、効率よく乳酸菌サプリを摂取して腸内環境を整えましょう。